トップ > VDT症候群 予防・治療 > VDT症候群を予防する

VDT症候群を予防する

VDT症候群を予防する

VDT症候群の症状を予防しましょう。

VDT症候群はしっかりと対策をすれば、予防することができます。

今の仕事を考えて、パソコン抜きの仕事は考えられませんよね。
つまり、誰でもがVDT症候群になる可能性をもっているといえます。
ですので、万が一にもVDT症候群にならないように、自分で予防をしておくことが大切です。

VDT症候群を予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

まず、VDT症候群を予防するためには適度な休息、適切な姿勢、そして画面との距離が大切になってきます。
長時間のパソコン作業を避けることが出来れば良いのですが、そうも言っていられないと思います。
であれば、適度に休憩を取るようにして、目、カラダ、心を休ませましょう。

1時間の作業をしたら、10分程度休むと良いでしょう。
体を軽く動かすと、疲れもほぐれます。
遠くを見ることも、目に良いでしょう。

適切な姿勢も大切です。
猫背や丸まって作業をしていると、負担が大きくかかってしまい、腰や肩、目の疲れに繋がります。
慣れないとどうしても猫背になってしまうかもしれませんが、頑張って姿勢をよくして座りましょう。
段々と習慣になってくると思います。

また、体のことを考えたパソコンチェアなどを使うのも良いと思います。
人間工学に基づいて作られたイスもあり、長時間のパソコン作業の疲れを軽くしてくれそうです。

画面と目の距離は40~50cm程度取るようにしましょう。
近すぎるのはやはりよくありません。
画面が近すぎることで、VDT症候群、眼精疲労が起こりやすくなります。
また、画面が視線の少し下に位置するように設置すると、視線が下に向くために目の感想を防ぐ効果があるということです。画面を上目遣いに見ていた方はぜひ改善してみて下さい。

角膜炎やドライアイを既にお持ちの方は、VDT作業によって、症状が悪化する恐れもありますので、十分な注意が必要です。

次の記事 ⇒ VDT症候群の治療

この記事のカテゴリーは「VDT症候群 予防・治療」です。
VDT症候群の予防や治療などについて。適度に休憩をとるなどしましょう。
関連記事

VDT症候群の治療

VDT症候群はしっかりと対策をすれば、予防することができます。が、それでもVDT症候群が現れてしまった場合は治療をしなければなりません。

VDT症候群を予防する

VDT症候群の症状を予防しましょう。VDT症候群はしっかりと対策をすれば、予防することができます。

更新履歴

この記事のカテゴリーは「VDT症候群 予防・治療」です。2007年04月21日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「VDT症候群 予防・治療」です。2007年04月19日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「VDT症候群の症状」です。2007年04月18日に更新しました。

この記事のカテゴリーは「VDT症候群」です。2007年04月18日に更新しました。

カテゴリー
当サイトについて
このページはVDT症候群を予防するについて掲載しています。
目の疲れを感じたり、腰の痛みなどの症状を感じたら、少し体をほぐしたり休憩しましょう。
サイト内検索